監視システムによるリアルタイム確認を行い、不具合の早期発見につなげます。

03-5353-6868 お問合せ

太陽光発電所保守管理業務

運転監視業務

監視センターで専門スタッフが常時監視。
運転監視業務 ウエストO&Mは、太陽光発電所の発電状態を監視します。
ウエストO&Mにある全国メガソーラー監視センターでは、太陽光発電に精通したエンジニアが365日発電状況を監視しています。
定時計測や監視、記録などを行って、発電所の正常稼働を見守り、不具合の早期発見につなげます。異常が認められた場合は、部位と原因の特定まで行い、全国にある各拠点に指示を出します。
監視システムによる発電状況の確認。
運転監視業務 監視システムによる発電状況の確認。
発電所内に設置したカメラや、監視端末器により、太陽光発電所の発電状況を監視システム画面から監視担当者が日々目視し確認する事で、不具合の早期発見につなげます。
異変を発見した場合は、さらに詳細なデータ分析を実施するとともに、必要に応じて、現地にて臨時点検を実施します。点検結果は、お客様に報告し、改善が必要であれば、その提案を行います。
また、お客様がすでに導入済みの各種監視装置を使用して、太陽光発電所を遠隔から監視します。
※弊社監視センターのパソコンからインターネット回線を経由して、お客様の監視システムを遠隔で参照できる事を前提とします。
運転監視業務 監視センターは、全国の拠点に連動しています。
監視センターは、全国の拠点に連動しています。